興信所による浮気調査で離婚が有利になる!

浮気を見破る方法

浮気を見破る方法には「人間の行動本能」や「心理」に関係しています。

浮気の問題は「その人物が何を好み、何を考え、行動に移すのか?」が重要なポイントとなります。

世間的に「長年連れ添ったご夫婦には一種のテレパシーにも似た予知」能力が存在すると聞きます。

科学的検証でもこの事実は確認されていて、相手の欲求や次の行動が理解できる傾向が強いらしいのです。

例えば、御主人が明日は早朝に会議があるのでいつもより早く出勤する旨を奥様に伝えたとします。

朝食が必要かどうか?を言葉で問わずとも、御主人が想定した朝食と出勤準備が整う行動が夫婦間で実現するのです。

日常のことだから当たり前でしょ、と考える方は「意思の疎通」が高いレベルで行える方なのかもしれません。

結婚数年で高いレベルで意思の疎通ができるご夫婦はなかなか存在しないかも・・・。

当然、相手の考え方や行動パターンなども言葉に出して確認する作業が必要になりますし、浮気に関しても様子の変化に気づくことが出来ない傾向が強いと言えます。

一般的には「気遣い」が出来る人物は「人の感情を理解する傾向」にあると思われています。

若いご夫婦でも「相手を気遣い会話が多い」関係ならば「浮気による様子の変化」に気づくことができる可能性が高いと考えられます。

浮気を見破る確実な方法が存在するならば、「日常的に夫婦間に会話が必要である」と思います。

会話の無いご夫婦は「御主人の勤務形態や仕事内容・会社内でのポジションや立ち位置」など全く理解できません。

当然、浮気調査を依頼し実施するにも「御主人の退社時間」も限定できない状況下で調査を実施しなければなりません。

会社でのポジションや立ち位置に関しても「御主人が外回りが頻繁なポジション」で仕事を行っているかの判断もつかないのです。

この流れで探偵が浮気調査を実施すると「浮気の証拠」にたどり着くために必要な時間が倍近くかかったりするかもしれません。

しかし、普段から「夕食が必要か?」などや、仕事中は外回りで外出する機会がある人物ならば「最近は日中が暑いからハンカチを余分に持って行く?」や「最近朝夕が冷えるから温かい肌着が必要か?」などの会話があれば、御主人の行動パターンの把握がごく自然に情報として得られるのです。