興信所による浮気調査で離婚が有利になる!

リスク回避と借金調査

ビジネスで繋がりをもった新たな友人・知人の懐事情を知る機会は思いの外少なく、万が一、借金などの金銭トラブルに発展した際には「住所・年齢・連絡先・家族」などの最低限必要とされることを知らない事に気づき焦ります。

トラブルの原因である借金の金額が大きければ大きい程その焦りに拍車が掛かり「回収したい」との考えも強くなります。

しかし、現実には借金はスムーズな回収には至らないケースが殆どです。

やはり「あげるつもりで貸す」心持ちが必要な事も否定できません。(金額次第ではありますが)

借金トラブルの多くは「仕事に関わる金銭授受」が多く「仕事の代金支払い」が滞って負債がつもりに積もって行方が分からなくなってしまうなどのケースが代表的です。

又は債務者の保証人となって借金を肩代わりしなければならなくなるケース。

焦る気持ちを抑えて第一に実行すべき事は、行方をくらました人物の身元をはっきり確認し回収できる是か非かの判断をつける。

全く金銭や所有する不動産などが無ければ「無駄な焦り」に他なりません。

無いものは回収出来ないため、交渉し返済計画を求める他に方法はありません。貸した金銭をあてにするビジネスなどは展開するべきでは無いという事なのでしょう。

しかし、ビジネスは利益を求めて興すものなので「儲け話に弱い」心理も100%否定できません。

多くの経営者はその儲け話とのリスクバランスを天秤に掛けて吟味し「儲け話に乗るか?」判断している事でしょう。

普段の取引相手であっても「ラフでいい加減さ」が仕事上目立つ人物の儲け話にはリスクが高くなる傾向があり、

リスク回避に必要な情報を取引時に開示させる用意周到さも必要になると言えます。

借金調査で金銭トラブルを防ぐ

採用に関する経歴詐称・借金の有無

企業が人材採用の際には「履歴書に虚偽の記載」が無いかまず調べます。

学歴・出身地・本籍・現住所・前職・取得資格・免許などに嘘があった場合、不採用に直結しています。

現代は履歴書の他に経歴書(現在までの職歴と主な仕事内容の記載)が提出必項の企業が多く存在し、若くいい加減な人物が考える「盛り」と呼ばれる経歴の微妙な詐称も電話一本で総務同士解決できる状況にあります。

借金の有無も採用の決め手になることがあります。世の中を甘く考える人物には苦労が待っている事でしょう。

細かい企業になると、家族について現住所付近で確認調査なども行います。当然、ご近所が知る「地元の評判」も採用の判断基準に関わっている事は当然です。

大企業になれば採用基準も厳しくなると考慮しそれなりの覚悟をもって募集に応募する事が必要だと思います。

借金調査で事前に問題を発見