興信所による浮気調査で離婚が有利になる!

浮気調査のタイミング

浮気調査を実施する上で御依頼者が絶対に気をつけて欲しい事は配偶者に浮気を疑っているという事を察知させない事です。

どんなに浮気をしていると思っても感情に負けて「浮気しているだろう」「浮気しているでしょ」などと配偶者に問いかける事は絶対に避けて欲しいのです。

問いかけたとしても正直に「浮気をしています」と答える人は絶対にいないのですから。

浮気を疑っていると察知させてしまう事で相手をただ警戒させてしまうというリスクを背負う事になってしまいます。

浮気相手と会うにも飲食だけでとどまったり、会う期間を少し開けたりと今まで以上に慎重な行動を取るようになってしまい、結果的に調査期間が長引いてしまったり、無駄な出費が増えてしまいます。

更に問題なのは浮気相手と会うときに一層の神経を使い、警戒した行動を取る人もいます。

警戒している対象者を追跡する事はかなりの難易度が上がります。最悪なのは御自身や友人などに頼んで尾行調査の素人が追跡してしまう事です。まずばれてしまいます。

ばれてから探偵に依頼されてもどんなプロの探偵でも難しいと言わざるを得ません。

配偶者は後ろから来る人を全て探偵と思い、突然にタクシーを拾ったり、電車に乗っても扉が閉まる瞬間に飛び降りたり、階段を駆け上がり、下から来る人を見ていたりと巻く努力や追跡者を見極めようとするからなのです。

チャンスをものにできれば良い結果が生まれます

ですから浮気を疑っている事を察知されたり自ら探偵の真似事をするの「百害あって一利なし」なのです。

できるだけ浮気を疑っている事を察知されずに探偵に依頼する事が最高のタイミングでしょう。

配偶者も安心して浮気相手に会いに行くでしょうし、深い関係となってからまだ日が浅ければ、頻繁に会う事も考えられます。

時としていつ浮気相手と会っているか、配偶者でもなかなか判らない人もいます。

何日も調査を継続して頂けるのは探偵としてはとてもありがたい事なのですが負担がかかってしまいます。

御依頼者が配偶者と浮気相手が会いやすい環境を作ってもらのも一手です。例えば遠方に旅行に行って貰うとかです。実際に旅行に行かれなくても結構です。

友人宅や近くのホテルに宿泊して貰うだけでも構いません。配偶者にしてみれば浮気を察知されていないと思っていますから千載一遇のチャンスでもあります。

この様に配偶者が浮気相手と会いやすい環境を設定する事でこの日1日の調査で浮気の証拠が取れた人も多くいらっしゃいます。

浮気調査はいかに配偶者に察知されず、良いタイミングで調査をするかで安価で浮気の証拠を押さえる事ができるのです。