興信所による浮気調査で離婚が有利になる!

浮気調査のために携帯電話・スマホのロックを解除する方法

もしあなたがパートナーの行動に不信感を抱いたとしたら、それは浮気の兆候かもしれません。

どんなに浮気をうまくやる人でも、完全に証拠を消すことは不可能です。

本人が無意識にとっている行動から浮気がばれることもありますし、カバンの底の紙切れ一枚が浮気の決定的な証拠になってしまうこともあります。

今回は、自分でできる浮気調査のやり方を解説します。

浮気調査で最も有力な証拠になるものが、携帯電話(スマホ)です。

携帯電話・スマホは相手の連絡手段となっている可能性が高く、有力な証拠になる履歴やメールがたくさん残されている可能性は十分に考えられます。

最近の携帯電話(スマホ)はセキュリティロックがかけられているため、以前ほど証拠のメールや履歴を熱心に消していない可能性が高くなっています。

セキュリティの高さが油断を生んでいますから、セキュリティさえ突破してしまえば有力な証拠を押さえるのは難しいことではありません。

携帯電話(スマホ)のセキュリティの中でも一般的なのがパターンロックと呼ばれるセキュリティです。

携帯電話番号調査で浮気相手の住所も判明する

パターンロックを開場するためには、決められた順番で画面をなぞらなくてはいけません。

何の手がかりもなしにパターンロックを解除するのは至難の業ですが、普段相手がパターンロックを解除している様子をこっそりと盗み見ていれば解除は難しいことではありません。

パターンロックを盗むコツは、一気にすべてのパターンを覚えようとしないことです。

一度に盗むのは一手のみにしておけば、10回程度で完璧にパターンを盗むことが可能です。

浮気相手の携帯番号を知ったら住所特定

数字によるパスワードの場合は

数字によるパスワードロックも厄介なセキュリティです。

まちがった数字を入力すると操作不能になってしまう可能性もあるため、片っ端から数字を入力していく方法は絶対にやめてください。

相手のパスワードを知るためにはパターンロックと同様に入力を盗み見る方法もありますが、ヒントをつかむ方法は他にもあります。

まずは自分の携帯電話(スマホ)のパスワードを変えようと思うと相手に告げ、どのようなパスワードなら忘れないだろうかと相談を持ちかけてください。

その話の流れの中で、パスワードはどんな数字にしてる?とさりげなく尋ねてみましょう。

直接的な数字は聞き出せなかったとしても、誕生日や記念日、何かのごろ合わせなど数字のヒントになる情報は引き出せるかもしれません。

何らかのヒントがあれば、一文字だけしか数字を盗み見ることができなかったとしても、すべての数字を予想することが可能になります。

無事ロックの解除に成功したら、メールと電話の履歴をチェックしましょう。

証拠になるものがあったらデータをコピーして確保しておきましょう。時間が無ければメールの文面を撮影しておくだけでも十分な証拠になります。

携帯電話番号調査で浮気相手を特定